【レポ】2/17 第59回式能②「三番叟 揉ノ段」





かーらーのー!萬斎さん!揉ノ段!

「おおさへおおさへ」って始まるじゃないですか、その時『ああ、始まってしまった。終わりがくるんだな』と少し寂しい気持ちだったんです。でも、そんなこと言ってる場合じゃなかったwww
そしたら「おおさへおおさへ」言いながら、目の前、ホント真ん前にスタタタタタッてきて、『大丈夫っすか!?落ちませんか!?』ってくらい階段のかなりギリギリまで迫ってきて「お~!」ですよ。頭殴られたような衝撃ですよ。もう唖然。迫力とかって問題じゃない。
多分、私、食われた。丸飲み(笑)
そして一瞬自分の魂が抜けたんじゃないかと(笑)
鷹?鷹が羽広げてる?神の御光臨???これが生で見る三番叟かと。





イメージ画像☝

多分国立能楽堂は本当のセンター席はなくて、二つの席の間がセンターだと思うんだけど、萬斎さんこっちくるとき左によってた?いや、私が右に寄ってた?から、私からしたら本当の本当に真ん前なんですよ!真ん前ですよ!信じられますか!想像できますか!?!!

体験した私は言葉にできなくてすごくもどかしいです…。
色々表現を考えたのですが、食われたor二回心臓刺された…ですかね。嘘じゃないですよ、本当に心臓痛かった!二回刺された。二回。ドゥクシッて。
一回目は「おおさへおおさへ」で向かってくるところ、二回目は「喜びありや」のところ。扇で二回刺された。心臓止まった。
『心臓が痛い!?ときめいただけだろ』って言われたら、まぁそれまでだけど、私は心臓刺されたという表現が一番ぴったりくる、今のところ!!
こっちに来る時の感じは「ヒィーーーー!望遠レンズなのに突然もの凄い勢いで近づいてきた!!!待って待って待ってピントが追い付かない!私はどこを見ればいいの!!」みたいな?こんな真ん前で萬斎さんみたの初めてなんだけど。しかも重心変わらない&上下運動なしであの声でこっち来るんすよ。想像できますか?びっくりして目開きすぎてコンタクト落ちるかと思った(笑)

(イメージ図)
 絵が下手だというクレームは受け付けません。 下手もくそもないよ絵じゃないもん。(笑)



サイズ感おかしいですよね!?!?!
でも本当にこんな感じのサイズだったんですよ!体感は!!
食われたって表現、わかりますか!?


おおさへおおさへおお~の、お~のところ、「しゅーーーん…ピシッ!!!」てなるのが好きです。たまに真似して楽しんでいます。きれいにまねできなくて悔しい…。(真似するものじゃない)


おおさえおおさえおーの、おーの所と、曲の途中で鬼みたいなポーズ(言い方)で止まって背伸びみたいなのするやつあるじゃないですか。凄い角度で微動だにせず止まってましたよ…どんな体幹してらっしゃるの…。素敵…かっこいい。
横から見るとものすごい角度で止まってらっしゃるんだなあと思う。
前から見ると覆いかぶさられる感じで、すごく大きく見えるんですよ。なんか、後ろから光がバーンってかんじとはちょっと違う…。う~ん。海がざっぱーんでもないのよね…。クジャク…でもないな。そんなに鮮やかじゃない。もっと暗くて~…夜を落とした感じかな。黒ではないけど夜。黒くないけどくらい。昔って、明かりがなかった時代は夜=危ない=お化け出るみたいな夜がもう死者の時間みたいなところあったじゃないですか。丑の刻まで夜更かししちゃいけない、みたいな。そんな感じ?闇夜からつながる宇宙?
闇夜に黄泉の国から神様が「おおさへおおさへおお~!!」って言いながら召喚…召喚は何かおもちゃっぽいな~。なんか、おばけとか足ないじゃない、だから近づいてくるとき状態が上下に動かないわけ。それに似てたかな。


結果:闇夜に黄泉の国から足が透けている神様が「おおさへおおさへおお~」って言いながらものすごい勢いでやってきて、着物をばっさーってした感じ。(まとまってない)


でも、すごい踏むのよ。土を。それはもう華麗に。さっき足ないとか言ってたくせに。(笑)
祖父母の家が農家だから、毎年田植えしてたんですけど、機械で田植えできない四隅は人の手で植えるんですよ。それに似てたかな。
闇夜に神様がお囃子と一緒にやってきて、すごい地鳴りさせながら田んぼ畑を踏んで耕してる感じ。


※ここら辺から萬斎さんの三番叟を見られた感動と私情が絡んで泣き始め内容が飛ぶという失態


今、”狂言劇場その壱 三番叟”を見ながら思い出しているのですが、泣くな泣くなと思っていたせいか、集中しすぎていたのか「あれ?この型…舞ってるの見てない気がする。(そんなことはありえない)」みたいな状況になっています。すみません。



あと横移動好き。移動するときの揺れてカチッ揺れてカチッて止まるあの感じが好きです。
烏飛ビのところ、最後の落ちるところすごくかっこよかったです。
今日一、大きな踏み込みの音でしたよね!すごくきれいに音が響いて聞き惚れました。
耳がとても喜んでいました、はい。
ところで烏飛ビの一回目、どっち向いて飛んでいましたか?目が潤みすぎて、回りながら飛んでるように見えました(笑)でもそのあと三回飛んでいたように見えました。
DVDとか映像だと三回飛んでいると思っていたのですが、今日めっちゃ飛んでいませんでしたか?振り向きながら飛んで、後ろ向いて飛んで?表向いて三回飛んでた???
日によって違うのでしょうか…???
→通常のからす飛ビは三回ですが、お正月のようなおめでたい時や特別な時に、五回飛ばれるそうです!ツイッターやブログで解説されている方がいらっしゃいました!
2014年の式能でも三番叟をされていたようなので、その時も五回飛ばれたのでしょうか?
その時の様子はわかりませんが、DVDでもフランスの三代で行った三番叟でも三回飛んでいるようなので、きっと何か萬斎さんの中で5回飛ぶきっかけというか出来事はなんだったのか、乗りに乗っていていつの間にか飛んでいたのか…すっごく気になります!そにきっかけがあるならぜひ知りたい!!!!


なんにせよDVDよりとっても~かっこよかった!!
最後にストンって座るのもキレイに決まっていましたよね~、ほれぼれする。音もキレイだったし…。

また書き終わらなかった(笑)

コメント