【レポ】2/16 蝋燭能②「佐渡狐」





佐渡狐の感想


蝋燭能は地域で行った小さいイベント(萬斎さんが来る時点で小さくはない)
だったので、詳細出ていなかったのですが

佐渡狐は

 佐渡のお百姓/萬斎さん
 越後のお百姓/裕基さん
 奏者/わらび餅の石田さん



石田さんのことを”わらび餅の人”っていうの本当辞めたいんだけど、わらび餅の言い方素敵すぎてもう…わらび餅の人なの…。馬鹿にしてるんじゃなくて、本当にあの”わらび餅”の言い方を皆さんにも聞いてほしい…。(この時の話→

(因みに初めて萬斎さんを認識した時の私
 ↓
 「あ~!!!ややこしやの人だ~!!!!!」→



はじめて裕基さんを拝見したんですけど、本当に背が高いんですね~!
私も背が高くて172cmもあるんですよ。多分萬斎さんと同じくらいなんだけど、裕基さんのほうが余裕で背が高かった!
私は狂言のうまい下手とかわからないんだけど、(ってか狂言のうまい下手って何だろう…?)やっぱり見ていて面白かった!
高校生の時、校外学習で見た伝統文化を見ようって時に爆睡していた私が…。
伝統って言葉にトラウマあるし、絶対に縁ないと思ってたのにな~。


始まったときは、声少し小さいかな~と思ったけど
割と聞きなれましたね。
マイクついてたのかな?


袖の下の下りが面白かったww
「よせといってるのに~♡」ってww
顔喜んでたもんwww
語尾に♡ついて、目が¥になっていたと思いますよ、はい。
今回はホールで席が遠かったから細かくは見えなかったけど…。
やはり日本人というか、一度断るの、文化ですよね~。
私、石田さんの言い方がすごくツボ何だと思うんですよ…わらび餅もそうだし…。
想像しやすい表現をしてくれるといいますか…。


いつも思うのですが、何か驚いたときに「うげ」みたいな「う゛え」みないな「んえ゛」みたいな声出すじゃないですか。
私それがすごく好きなんですけど、あれなんて言ってるんですかね?(笑)


お百姓さん同士のやり取り、とても面白いですよね~。
「口は耳だ!!!」とか、「尻尾はありませ~んww」とか意味わからないwww
全力で鶯の鳴きまねするしwwww
本気でやっているから面白いって、ほんとそうだと思う(笑)

下がるときの「せめて俺のは返してよ~悪かったって~」みたいな感じがいい(笑)



ところでこの佐渡狐っておめでたい演目なんですね~。
今年も無事に年貢を納められたから?めでたいと。
年貢というか年金返せと思ってしまう私…ww
しかも私の先祖は農家で、「不作なので年貢減らして」って上に交渉しに行って、交渉は成功したんだけど帰りがけに橋渡る寸前で殺されたらしい。
ついでに家まで来られて娘以外みんな殺されて、その娘が周りに助けられながら育って婿養子もらってどうにか続いた家系らしい。

だから男が生まれないんだよこの家ww
女が逞しい家系だからなあ~(笑)


コメント