【雑談】きっかけ話





私が興味を持ったきっかけは非常にありきたりです。





「野村萬斎さんにときめいた」(爆笑)





①アマゾンのプライムビデオで、たまたま”陰陽師”がオススメに出てくる
 
②「素敵な人だな…。しかも、どこかで見たことある人だなあ…。」
  と思ってググりまくる。
 ↓
「あ~!!!ややこしやの人か!!」



 私が丁度、小学3~4年生の時に学校ではやりまくった「ややこしや~ややこしや~」
 例にもれず私も「ややこしや~」と言っていた子供です。(笑)
 NHKの”にほんごであそぼ”という番組ですね。知ったときは感動しました。
 私の中では完全に”萬斎さん=ややこしやの人” 

 ↓
④萬斎さんが狂言師であることを知る
 ええ、狂言とか知らなかったんです私。”野村萬斎 狂言”でぐぐりまくる
 ↓
⑤「三番叟かっこいい~!!!」(ここで落ちる)
 You〇ubeにUPされていたFORMの三番叟を見てときめきました。(笑)
 ここからは二週間、毎日100回は”野村萬斎”でネットサーフィンしていましたね…。
 インタビュー記事を読んだり、あぐりの断片的な映像を見たり、
 プロフェッショナル仕事の流儀見たり…。





著書を購入して読み漁ったり…。
「萬斎さんの生き方かっこいい~!
 尊敬する!人生の師匠!」
となりました。


私の中で、狂言=難しい昔の言葉で話す劇?くらいの知識しかなかったので
三番叟を見た時の衝撃は今でも忘れられません。本当に素敵です。
しばらく通勤しながら聞いていたほどです。

翌週にセルリアンタワーの能楽堂で狂言をされると知り、
チケットを取って見に行って「お?狂言面白い!」となり、今に至ります。


コメント